中学数学の無料学習プリント


無料 中2数学 標準問題 解答プリント 一次関数5 式の求め方2 画像

中学2年数学 標準問題 解答プリント 一次関数5 式の求め方2

問題プリントへのリンクは最下部にあります。

無料 中2数学 標準問題 解答プリント 一次関数5 式の求め方2 テキスト

マスコン 中2数学 標準問題 ( 一次関数5 式の求め方2 ) 氏名( 解 答 ) CA218 [2042] 次のグラフの直線@〜Cの式を求めよ。 [2046] 次の直線の式を求めなさい。 y @ A @ χの値が3増加すると、yの値が2増加し、 B 点(6,9 )を通る直線 5 @ y=2χ (式) χの値が3増加 → χの増加量 yの値が2増加 → yの増加量 yの増加量 2 A y=2χ−4 a= = χの増加量 3 C 0 χ 2 2 5 5 By=− χ+2 9= ×6+b 3 3 1 9=4+b 2 Cy=− χ−2 b=5 y= χ+5 5 3 3 A 表が右のように χ ・・4・・・10・・ [2043] 次の一次関数の中で、グラフが平行で なる直線 y ・・1・・・19・・ あるものはどれとどれか、すべて番号で書き (式) 表はχ,yの値の組だから χ=4のとき なさい。 y=1,χ=10のときy=19の直線 @ y=5χ−2 A y=−5χ+2 19−1 18 B y=−2χ+5 C y=5χ+2 a= = =3 D y=2χ−5 E y=−2χ−5 10−4 6 平行 → 傾きが同じ χ=4,y=1,a=3を式に代入 @とC, BとE 1=3×4+b [2044] 一次関数 y=−3χ+2 で、χの変域を 1=12+b −4≦χ≦2としたときのyの変域を求めよ。 b=−11 y=3χ−11 χ=−4,χ=2をそれぞれ式に代入 y1=−3×(−4)+2=14 [2047] ある人が家から40q離れた友人宅まで y2=−3×2+2=−4 自動車で行った。下のグラフは、家を出てから χ分後の友人宅までの距離をyqとして、 −4≦y≦14 χとyの関係を表したものである。これにつ [2045] 次の直線の式を求めなさい。 いて問いに答えなさい。 y @ 変化の割合が−2で、χ=2のときy=−2 である直線 (式) 変化の割合=傾き=−2 40 −2=−2×2+b −b=−4+2 30 b=2 y=−2χ+2 20 A y=−3χ+1 に平行で、点(−2,5)を 通る直線 10 (式) 平行=傾きが同じ → a=−3 5=−3×(−2)+b 0 χ −b=6−5 10 20 30 40 50 60 b=−1 y=−3χ−1 @ 15分後の友人宅までの距離は何qですか。 B χ軸との交点が(−4,0)で、y軸との交点 グラフから読み取る が(0,2)の直線 30q (式) y軸との交点=切片 → b=2 A 40分後の友人宅までの距離は何qですか。 0=−4a+2 式をつくり、χ=40を代入して求める 4a=2 図より 10 2 1 切片b=40, 傾き=− =− a= 1 15 3 2 y= χ+2 したがって 2 2 2 C 切片が3で、点(3,0)を通る直線 y=− χ+40=− ×40+40 (式) y=aχ+bに代入 3 3 0=3a+3 80 120 40 40 −3a=3 =− + = q a=−1 y=−χ+3 3 3 3 3



中2数学の学習プリントのPDFファイル

中2数学の学習プリントはPDFファイルで項目別にまとめてダウンロードできます。
全て、問題プリントと解答プリントのセットです。(ヒントページはありません)

中2数学の学習プリントのPDFファイルダウンロードリンク(有料)

中2数学の解説と確認問題セット 数学の苦手な生徒向きです。

中2数学の基本問題集セット きっちりやればテストで平均点くらいは取れます。

中2数学の標準問題集セット テストで平均点以上を目指す生徒向きです。

中2数学の発展問題集セット 学年上位やハイレベルの高校を目指す生徒向きです。

中2数学のテスト対策問題集セット テスト前にやると効果的です。

中2数学の問題集fullset(総合版) 解説・基本・標準・発展・テストの5種類のプリントをセットにしてあるものです。

■各学年の総合版は、こちらから銀行振込でも購入できます。

●PDFファイルは、マルチコピー機のあるコンビニで印刷できます。

アマゾンで安いプリンターを探すならこちら

楽天で安いプリンターを探すならこちら

中学2年数学の参考書・問題集

中2数学の教科書ガイド
中2数学の問題集
中2数学の解説DVD
中2数学の教科書ガイド(楽天)

お勧め情報


ヒントにもどる 問題にもどる