中学数学の無料学習プリント


無料 中2数学 テスト対策 解答プリント 一次関数2 式の求め方 画像

中学2年数学 テスト対策 解答プリント 一次関数2 式の求め方

問題プリントへのリンクは最下部にあります。

無料 中2数学 テスト対策 解答プリント 一次関数2 式の求め方 テキスト

マスコン 中2数学 テスト対策問題 (一次関数2 式の求め方) 氏名(   )TA209 (2038) 次の一次関数の式を求めなさい。 (2039) 次の一次関数の式を求めなさい。 @ 傾きが1で切片が−5である直線。 @ y=2χ−7 に平行で、点(5,8)を通る 傾き=a,切片=b 直線。 y=χ−5 平行 → 傾きが等しい → a=2 A 傾きが−3で切片が0である直線。 8=2×5+b b=−2 y=−3χ y=2χ−2 B 変化の割合が2で、点(1,5)を通る直線。 A y=2χ−3 とχ軸について対称な直線。 y=aχ+bにa=2,χ=1,y=5を代入 χ軸について対称 5=2×1+b 変化の割合=傾き ↓ χ b=3 傾きと切片が逆 y=2χ+3 y=−2χ+3 C χの値が3増加するとき、yの値は2増加し、 B y=2χ−3 とy軸について対称な直線。 χ=6のときy=5である一次関数。 y軸について対称 yの増加量 2 ↓ a= = 傾きが逆 χの増加量 3 y=−2χ−3 2 (2040) 次の一次関数のグラフをかきなさい。 5= ×6+b χにyが整数になる値を代入してyを求める 3 2 3 5 1 1 5=4+b y= χ+1 @ y=− χ+ A y= χ− b=1 3 4 4 6 3 D χの値が1増加するとき、yの値は5減少し、 y χ=1のときy=−3である一次関数。 @ χ=−1を代入 yの増加量 −5 5 3 5 a= = =−5 y=− ×(-1)+ χの増加量 1 4 4 −3=−5×1+b 3 5 b=2 y=−5χ+2 y= + =2 E 切片が7で、点(2,3)を通る直線。 0 χ 4 4 y=aχ+bにχ=3,y=3,b=7を代入 5 5 点(−1,2)から 3=a×2+7 傾きをとる −2a=4 a=−2 A χ=2を代入する y=−2χ+7 5 とy=0 F 2点(0,5),(4,−1)を通る直線。 (0,5)よりb=5 y=aχ+bにχ=4,y=−1,b=5を代入 (2041) 次のグラフの式を求めなさい。 −1=a×4+5 y グラフから傾きを −4a=6 読み取り、切片は 3 5 傾きと1点の座標 a=− 3 をy=aχ+bに 2 y=− χ+5 代入して求める。 2 G χ=−2のときy=−5で、χ=1のとき 又は、2点の座標 y=7である一次関数。 0 χ から連立方程式を χ,yの組をそれぞれy=aχ+bに 5 5 作って解く。 代入して連立方程式として解く 1 −5=−2a+b 7=a+b a=− と −) 7= a+b b=7−4=3 7 −12=−3a 5 χ=−2,y=3を a=4 y=4χ+3 y=aχ+bに代入 H 2点(−2,3),(5,−11)を通る直線。 1 3=−2a+b 3=− ×(−2)+b −)−11= 5a+b b=3+2a 7 14=−7a b=3+2×(−2) 2 21 19 a=−2 b=−1 b= + = 2点の座標から先に傾きを求めてもよい 7 7 7 1 19 y=− χ+ y=−2χ−1 7 7



中2数学の学習プリントのPDFファイル

中2数学の学習プリントはPDFファイルで項目別にまとめてダウンロードできます。
全て、問題プリントと解答プリントのセットです。(ヒントページはありません)

中2数学の学習プリントのPDFファイルダウンロードリンク(有料)

中2数学の解説と確認問題セット 数学の苦手な生徒向きです。

中2数学の基本問題集セット きっちりやればテストで平均点くらいは取れます。

中2数学の標準問題集セット テストで平均点以上を目指す生徒向きです。

中2数学の発展問題集セット 学年上位やハイレベルの高校を目指す生徒向きです。

中2数学のテスト対策問題集セット テスト前にやると効果的です。

中2数学の問題集fullset(総合版) 解説・基本・標準・発展・テストの5種類のプリントをセットにしてあるものです。

■各学年の総合版は、こちらから銀行振込でも購入できます。

●PDFファイルは、マルチコピー機のあるコンビニで印刷できます。

アマゾンで安いプリンターを探すならこちら

楽天で安いプリンターを探すならこちら

中学2年数学の参考書・問題集

中2数学の教科書ガイド
中2数学の問題集
中2数学の解説DVD
中2数学の教科書ガイド(楽天)

お勧め情報


問題プリントにもどる