中学数学の無料学習プリント


無料 中2数学 基本解説 問題プリント 連立方程式3 複雑な式 画像

中学2年数学 基本解説 問題プリント 連立方程式3 複雑な式

確認問題プリントへのリンクは最下部にあります。

無料 中2数学 基本解説 問題プリント 連立方程式3 複雑な式 テキスト

マスコン 中2数学 標準解説 ( 連立方程式3 複雑な式 ) 氏名(   )AQ211 【要点1】 かっこのある連立方程式の解き方 【問題】次の連立方程式を解きなさい。 かっこを含む連立方程式はかっこをはずして 8(χ−y)−y=3 同類項をまとめて式を簡単にしてから解く。 (1) 例題 χ+2(χ+y)=28 2χ−3(2y−1)=7・・・@ 4(χ−2y)+2y=14・・・A @を整理 → 2χ−3(2y−1)=7 2χ−6y+3=7 2χ−6y=4・・・B Aを整理 → 4(χ−2y)+2y=14 4χ−8y+2y=14 4χ−6y=14・・・C BとCを解く 2χ−6y=4・・・B 4χ−6y=14・・C 後は今までの連立方程式と同じ (χ,y)=(5,1) 【要点2】 小数のある連立方程式の解き方 0.02χ+0.03y=0.13 小数のある連立方程式は両辺を10倍、100倍 (2) して整数の形にしてから解く。 0.3χ+0.2y=1.2 例題 0.1χ−0.1y=0.4・・・@ 0.03χ+0.07y=0.02・・・A @の両辺を10倍 → χ−y=4・・・・B Aの両辺を100倍 → 3χ+7y=2・・・C BとCを解く χ−y=4・・・・B 3χ+7y=2・・C 後は今までの連立方程式と同じ (χ,y)=(3,−1) 【要点3】 分数のある連立方程式の解き方 分数のある連立方程式は分母の最小公倍数を 1 1 両辺にかけて整数の形にしてから解く。 χ+ y=1 例題 3 4 1 1 最小公倍数 (3) χ+ y=2・・・@ ↓ χ y 4 2 2つの数の + =1 倍数を順に 2 2 χ y かいて行き − =1・・・A 最初に出た 2 5 同じ数 @の両辺×4 χ+2y=8・・・・B Aの両辺×10 5χ−2y=10・・・C BとCを解く χ+2y=8・・・・B 5χ−2y=10・・C 5 (χ,y)=(3, ) 後は今までの連立方程式と同じ 2



中2数学の学習プリントのPDFファイル

中2数学の学習プリントはPDFファイルで項目別にまとめてダウンロードできます。
全て、問題プリントと解答プリントのセットです。(ヒントページはありません)

中2数学の学習プリントのPDFファイルダウンロードリンク(有料)

中2数学の解説と確認問題セット 数学の苦手な生徒向きです。

中2数学の基本問題集セット きっちりやればテストで平均点くらいは取れます。

中2数学の標準問題集セット テストで平均点以上を目指す生徒向きです。

中2数学の発展問題集セット 学年上位やハイレベルの高校を目指す生徒向きです。

中2数学のテスト対策問題集セット テスト前にやると効果的です。

中2数学の問題集fullset(総合版) 解説・基本・標準・発展・テストの5種類のプリントをセットにしてあるものです。

■各学年の総合版は、こちらから銀行振込でも購入できます。

●PDFファイルは、マルチコピー機のあるコンビニで印刷できます。

アマゾンで安いプリンターを探すならこちら

楽天で安いプリンターを探すならこちら

中学2年数学の参考書・問題集

中2数学の教科書ガイド
中2数学の問題集
中2数学の解説DVD
中2数学の教科書ガイド(楽天)

お勧め情報


解答を見る